メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

ペギー葉山/中 復興途上の日本に「ファイト」を=専門編集委員・川崎浩

ペギー葉山のデビュー曲「ドミノ」のSPレコード=川崎浩撮影

 「ファはファイトのファ」。ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の「ドレミの歌」は、このペギー葉山の訳詞で浸透している。ペギーは、1960年の渡米の際にこの作品を観劇した。そして「絶対、日本に紹介したいと思った。パンフレットを買い、帰りの飛行機の中ですぐに訳した」。「ド」は福島に疎開した際「一番食べたいものとして絵に描き壁に張った『ドーナツ』にすぐ決まった」が「ファ」は困った。日本語に「ファ」で始まる言葉がない。「誰かに『日本語の必要があるの』と言われ、そうかファイトでもいいんだ、と気付いた」とペギーは笑う。

 日本で、敵性語として英語が禁じられた時代こそ、まさに「サウンド・オブ・ミュージック」の背景である。…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです