メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミュージカル

「パレード」 現代でも起こりうる悲劇=評・小玉祥子

 南北戦争から約半世紀後の米国南部での冤罪(えんざい)事件が題材。アルフレッド・ウーリー脚本、ジェイソン・ロバート・ブラウン作詞・作曲、ハロルド・プリンス共同構想およびブロードウェー版演出、森新太郎演出。

 アトランタの工場で白人少女の死体が見つかり、工場長レオ(石丸幹二)が逮捕される。北部出身でユダヤ人のレオは、民衆の怒りを鎮めるため、州検事ドーシー(石川禅)らにより、犯人に仕立て上げられる。

 いまだに南軍旗が翻るような風土に溶け込めないレオ。冒頭で石丸は、おどおどとした動きや妻ルシール(堀内敬子)へのよそよそしさで土地の人々に受け入れられ難い人物像を表現した。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです