メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染牧草、処理方法明言せず 栗原市長、市民団体と会談 /宮城

市民グループ(左列)の話を聞く千葉健司市長(右)

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の牧草の処理方法を巡り、栗原市の千葉健司市長は29日、市民グループと会談した。千葉市長は「私は焼くとも堆肥(たいひ)化とも言っていない」と処理方法の明言を避けた。

 会談したのは、4月の市長選で立候補予定…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです