メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染牧草、処理方法明言せず 栗原市長、市民団体と会談 /宮城

市民グループ(左列)の話を聞く千葉健司市長(右)

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の牧草の処理方法を巡り、栗原市の千葉健司市長は29日、市民グループと会談した。千葉市長は「私は焼くとも堆肥(たいひ)化とも言っていない」と処理方法の明言を避けた。

 会談したのは、4月の市長選で立候補予定…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです