メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
主権者教育

小中校でも 県教委、教諭用マニュアル配布 /神奈川

 政治参加の意義を学ぶ「主権者教育」を小中学校でも進めるため、県教育委員会が教諭向けのマニュアルをまとめた。県内全小中学校に一斉配布し、各校での取り組みを促す。選挙権年齢の引き下げを受け、県教委はこれまで、高校生向けの主権者教育に取り組んできたが、今年度から小中学生まで対象を拡大する。県教委によると、都道府県教委が小中学校向けに主権者教育のマニュアルを作ったのは全国初だという。

 マニュアルは学校生活の中で社会に関心を持たせ、身近な課題に気付かせることに重点を置き、具体的な指導…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです