メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

小中校でも 県教委、教諭用マニュアル配布 /神奈川

 政治参加の意義を学ぶ「主権者教育」を小中学校でも進めるため、県教育委員会が教諭向けのマニュアルをまとめた。県内全小中学校に一斉配布し、各校での取り組みを促す。選挙権年齢の引き下げを受け、県教委はこれまで、高校生向けの主権者教育に取り組んできたが、今年度から小中学生まで対象を拡大する。県教委によると、都道府県教委が小中学校向けに主権者教育のマニュアルを作ったのは全国初だという。

 マニュアルは学校生活の中で社会に関心を持たせ、身近な課題に気付かせることに重点を置き、具体的な指導…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  5. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです