メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

小中校でも 県教委、教諭用マニュアル配布 /神奈川

 政治参加の意義を学ぶ「主権者教育」を小中学校でも進めるため、県教育委員会が教諭向けのマニュアルをまとめた。県内全小中学校に一斉配布し、各校での取り組みを促す。選挙権年齢の引き下げを受け、県教委はこれまで、高校生向けの主権者教育に取り組んできたが、今年度から小中学生まで対象を拡大する。県教委によると、都道府県教委が小中学校向けに主権者教育のマニュアルを作ったのは全国初だという。

 マニュアルは学校生活の中で社会に関心を持たせ、身近な課題に気付かせることに重点を置き、具体的な指導例を25例掲載。このうち「下町活性化プロジェクト」(高学年、総合的な学習の時間)は、商店街でのインタビューを基に地域を取り巻く課題の解決策を討論し、市役所の観光企画課に提案するというもの。「古代へタイムスリップ」(小学6年、社会)は、縄文・弥生時代のどちらの時代に住みたいか議論させるもので、人々の生…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仏歌手のグレコさん死去 93歳 「枯葉」などでシャンソンブーム

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 昨年に続き「山口県の総理大臣展」 山口県、安倍前首相は写真108点で別途紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです