水難救助訓練

転覆事故想定し連携 松江署など、宍道湖で /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
訓練で、漁船で救助された男性を担架で運ぶ警察官=松江市袖師町の宍道湖夕日スポットで、前田葵撮影
訓練で、漁船で救助された男性を担架で運ぶ警察官=松江市袖師町の宍道湖夕日スポットで、前田葵撮影

 水辺でのレジャーシーズンを前に松江署は30日、宍道湖でゴムボート転覆を想定した水難救助訓練を行った。同署と県警航空隊、宍道湖漁業協同組合など計26人が参加した。

 訓練は嫁ケ島付近の宍道湖上でレジャー客のゴムボートから乗員2人が湖に落ちたと想定。目撃者の110番通報で県警航空隊のヘリコプターが事故現…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集