メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども支援

自販機で支援 売り上げの一部、居場所づくりに 業者とNPO企画、高知の専門学校に設置 /高知

寄付付き自動販売機の前で握手をする真鍋大輔さん(中央)ら=高知市知寄町1で、松原由佳撮影

 子どもの居場所づくりを支援する自動販売機が30日、介護職員養成施設「高知介護福祉アカデミー」(高知市知寄町1)に設置された。売り上げの一部が、地域を挙げた子どもの居場所づくりに取り組むNPO法人「GIFT」(高知市)に寄付される。【松原由佳】

 GIFTは、子どもたちの居場所として「えいや家(か)」(高知市神田)を運営。毎週水曜日に学習支援や食事提供などの活動を続けている。

 自動販売機は清涼飲料水卸売業「サンガリア商事」(高知市)が設置。サンガリア商事と高知介護福祉アカデミーが、売り上げを1%ずつGIFTに寄付する。寄付金は食費やスタッフのアルバイト代など、「えいや家」の運営に使われる。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです