メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第二待合室

移住・交流に 採銅所駅舎を改修、香春町が拠点活用 オープニング記念式典で町長「全国へ宣伝する場に」 /福岡

トークイベントで活動などについて話す香春町地域おこし協力隊の村井勇輝さん(中央)

 JR日田彦山線採銅所駅の駅舎にできた香春町の移住・交流拠点「第二待合室」のオープニング記念式典が30日、同駅舎であり、加治忠一町長ら約20人が出席した。【斎藤毅】

 駅舎は開業した1915年当時の建物が残り、2011年に町の有形文化財に指定された。昨年12月~今年3月に閉鎖されていた駅長室と宿直室約54平方メートルを「第二待合室」として改…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです