メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒造り

宇佐の酒蔵でフランス人兄弟が励む 秋に母国で日仏合作純米酒販売へ /大分

弟ステファンさん(左)と兄クリストフさん(中央)と一緒に瓶詰めする小松さん

 宇佐市の酒蔵で、フランス人兄弟が日本酒造りに励んでいる。今春に仕込んだ純米酒が今月出来上がり、秋にもフランスで日仏合作の純米酒を売り出す。来季には南フランスで栽培した酒米を使い、フランス料理に合う「フランス産日本酒」を手がける計画だ。

 兄弟は、クリストフ・フェルナンデスさん(39)とステファンさん(36)。地中海に近い南フランスでビール工房を経営している。10年前に来日した際、居酒屋で飲んだ日本酒にほれ込み、地ビール製造だけでなく、日本酒造りに挑戦することを決意した。

 修業できる蔵元を探すため、東京など全国各地を渡り歩いたが、門をたたいた15カ所全てに断られた。諦め…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文762文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]