メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒造り

宇佐の酒蔵でフランス人兄弟が励む 秋に母国で日仏合作純米酒販売へ /大分

弟ステファンさん(左)と兄クリストフさん(中央)と一緒に瓶詰めする小松さん

 宇佐市の酒蔵で、フランス人兄弟が日本酒造りに励んでいる。今春に仕込んだ純米酒が今月出来上がり、秋にもフランスで日仏合作の純米酒を売り出す。来季には南フランスで栽培した酒米を使い、フランス料理に合う「フランス産日本酒」を手がける計画だ。

 兄弟は、クリストフ・フェルナンデスさん(39)とステファンさん(36)。地中海に近い南フランスでビール工房を経営している。10年前に来日した際、居酒屋で飲んだ日本酒にほれ込み、地ビール製造だけでなく、日本酒造りに挑戦することを決意した。

 修業できる蔵元を探すため、東京など全国各地を渡り歩いたが、門をたたいた15カ所全てに断られた。諦め…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです