連載

考・皇室

退位特例法案は立法の理由に「国民の理解と共感」を書き込んだ。象徴天皇制とは社会のあり方と離れて皇室は存在できないという考え方だ。社会と皇室の関係を探る。

連載一覧

考・皇室

社会を映す/7 「直系男子」守る旧華族 霞会館「藩屏」掲げ結束 典範に準じ伝統継承

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
霞会館設立の流れ
霞会館設立の流れ

 「皇居で育てている蚕の糸は大変貴重なものだと聞いています」「美智子が熱心に世話をしています」

 「歌会始の儀」が終わった1月13日午後、天皇、皇后両陛下が東京・霞が関の霞が関ビルディング34階に入る一般社団法人「霞会館」を訪れ、特別室で役員ら10人と食事を取りながら談笑された。

 退位の意向がにじむ昨年8月のおことばについては誰も話題にせず、皇太子時代の思い出話など終始なごやかな雰囲気だった。食事に同席した橋本春彦理事は「両陛下は毎年1月に霞会館に足を運ばれる。歴史的経緯や雅楽など伝統文化の保護活動を通じ、親近感をお持ちいただいていることと思う。会員はみな皇室を支えたいとの思いがある」と話す。

 霞会館は旧華族家の男性当主と成人した直系の息子を会員とする団体だ。現在約650家、740人の会員がいる。団体の定款に皇室を守る壁を意味する「皇室の藩屏(はんぺい)」を掲げる。会員が男性当主や直系男子に限られている理由について、関係者は「定款に記載はないが、皇室典範に準じているため」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1952文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集