メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マツダ

ロータリーエンジン半世紀 水素・EVで復活期待

マツダが世界で初めて量産に成功し「コスモスポーツ」に搭載したロータリーエンジン=同社提供

 マツダが世界で初めて量産化したロータリーエンジン(RE)を搭載した「コスモスポーツ」を1967年に発売してから30日で50年となった。燃費性能が芳しくなく、2012年に生産を終了したが、マツダはREを技術力の象徴と位置づけ、研究開発を続ける。電気自動車(EV)向け発電用エンジンや、水素を燃料とする新型エンジンとしての「復活」が注目される。

 「次世代REの詳細については適切な時期に公表します」。マツダは30日、取材にこうコメントした。次期モデルの販売時期などは未定という。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  3. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  4. 「ミヤネ屋 うがい薬推奨の生中継は不適切」 市民団体がBPOに審議申立書

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです