連載

輪の中へ

毎日新聞デジタルの「輪の中へ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

輪の中へ

医療的ケア児と保育所 第2部/上 自治体の支援進展に差

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
のどにパイプ状の医療器具を着けている勝部堯皓ちゃん。元気いっぱいの男の子だ=東京都大田区で、中川聡子撮影
のどにパイプ状の医療器具を着けている勝部堯皓ちゃん。元気いっぱいの男の子だ=東京都大田区で、中川聡子撮影

 たん吸引や栄養注入などの医療的ケアを必要とする子どもについて、2016年5月に児童福祉法と障害者総合支援法が改正され、自治体に支援の努力義務が課された。それから1年。依然として医療的ケア児と家族は社会的に孤立しがちだ。課題を探った。

 ●進める自治体

 毎日新聞が昨年末、全国の主要自治体を対象に実施した調査では、政令指定都市、道府県庁所在地、東京23区の計74自治体のうち、34自治体が医療的ケア児の保育所受け入れは「ゼロまたは不明」と回答。そのうち12自治体は入所を受け付けていなかった。

 この中で、東京都品川区は今年度から認可保育所で医療的ケアに対応する体制を整備する。「やっと地元で腰を落ち着けて育児ができる」。たん吸引が必要な長女(1)を今秋から預ける予定の父親(42)が胸をなで下ろす。

この記事は有料記事です。

残り1371文字(全文1719文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集