メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新世代大関・高安

大相撲/下 平成「下克上」世代 伸び盛り個性派ぞろい

夏場所千秋楽で照ノ富士(左)に敗れた高安。平成生まれ両大関のライバル争いが、新世代を引っ張る=渡部直樹撮影

 7月の名古屋場所番付で、高安と照ノ富士の平成生まれの出世頭が大関に並び立つ。夏場所の平成生まれは幕内42人中19人を占め、うち12人が勝ち越した。「平成新世代」が角界に地殻変動を起こしている。

 高安が6場所中5場所で2桁勝利を挙げたこの1年間、しのぎを削ってきた若手の活躍が光った。筆頭は、先場所から2場所続けて小結で勝ち越した御嶽海だ。平成4(1992)年生まれで高安より3学年下の24歳。母がフィリピン出身という共通点もある。夏場所では差して土俵際まで高安を寄り立てた。最後は首投げに屈したが、かいな使いと差し身のうまさ、足の運びの良さといった持ち味を発揮した。高安にはこの1年で2勝3敗とほぼ互角だ。

 「平成新世代」は3年前の新入幕で13勝の逸ノ城や遠藤が人気復活に火を付け、2年前の照ノ富士の幕内優…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです