メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米

日本海で訓練へ 米空母、異例の2隻態勢

米原子力空母ロナルド・レーガン=神奈川県横須賀市沖で2017年5月16日、本社ヘリから

 米海軍横須賀基地を拠点とする原子力空母「ロナルド・レーガン」が日本時間の31日までに日本海に入った。米ABCニュースが米政府当局者の話として伝えた。日本政府関係者によると、海上自衛隊の護衛艦が近く日本海でロナルド・レーガンと共同訓練する方向で調整を進めている。日本海にはすでに空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群が展開しており異例の空母2隻態勢となる。

 共同訓練は、日本海で日米連携の姿勢を示すことで弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがある。日本政府関係者によると、朝鮮半島近海に移動する間に海自の護衛艦が合流し、戦術訓練などをする方向で調整している。すでに日本海に展開しているカール・ビンソンとも共同で訓練する可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです