メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償

「パワハラと決めつけられた」退職の眼科医提訴

 パワーハラスメントをしたと決めつけられて退職に追い込まれたとして、東京都内に住む眼科医の男性(47)が30日、当時勤務していた水戸市の眼科医院を運営する医療法人と理事長を相手取り、4810万円の損害賠償などを求める訴訟を水戸地裁に起こした。

 訴状によると、男性は2016年10月、当時勤務していた医…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです