メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園

理事長、担当相に陳情 返答「公正に進める」

 安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、1993年衆院選で初当選した後の数年間、友人の加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の役員に就いていたことを明らかにした。一方、文部科学省の前川喜平前事務次官は同日、和泉洋人首相補佐官から昨年秋、獣医学部の開学手続きを急ぐよう要求された経緯を代理人の弁護士を通じて公表。首相と同学園の近さをうかがわせる材料が次々に判明し、野党の追及は強まる一方だ。

 首相は参院法務委で「監査か、そうしたものを務めた。1年間に14万円の報酬を受けた」と説明。「(理事長が)知り合いだから頼むと言ったことは一度もない」と重ねて否定した。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです