メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不発弾

大分県内の神社でまた 安全確認し回収

神社の社殿内に長年置かれていた砲弾=県警大分東署提供

 30日午前11時ごろ、大分市家島の天満神社の社殿に砲弾のようなものがある、と県警大分東署に市消防局から連絡があった。

 同署は社殿に直径約10センチ、全長約30センチの砲弾のような物が三つあることを確認。陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県)の第104不発弾処理隊が出動し、安全確認などをしたうえで回収した。陸自によると全て古い砲弾で、信管が付いていた。

 近くの住民によると、砲弾は80年以上前からあったとみられ、神事などで敷くござを固定する重しとして使…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  4. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  5. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです