メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

治験に参加する前に 求められる患者の主体性

 「治験」という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。だが、具体的な内容については理解が進んでいないのではないか。治療と同じだと思ったり、希望すれば誰もが受けられるものと考えたりする患者が多いというが、実際はどうなのか。治験の基礎知識をまとめた。【庄司哲也】

重要性増す説明と同意/治療と混同しないで/偽薬投与されることも

 「治験は抗がん剤や難病の薬だけにとどまらず、さまざまな薬で行われます。薬は研究開発後、すぐに世の中に出回るわけではありません。健康保険が使えるようになるまでには、安全性や有効性を確認するなどの過程があります。それらを調べるために行うのが治験です」。こう説明するのは、がん研究会有明病院(東京都江東区)の臨床研究コーディネーター主任の宋菜緒子さんだ。

 治験を受けるには、主治医からの紹介に応じる、患者会で情報を収集し、実施する医療機関に参加を申し出る…

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2351文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです