メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

就職「年齢差別」過去の話? 求人に記載NG でも「門前払い」の声消えず

イラスト・深澤かんな

 年齢を言った途端、相手の態度がガラッと変わる。色恋ではない。就職の話だ。海外から戻った50代の女性が企業に求職の電話を入れた時の「門前払い」ぶりが、本紙「女の気持ち」に載っていた。生年月日を聞かれることが当たり前の日本は殊の外、年を気にしがち。中高年の就職は年齢で差別されているのか。【藤原章生】

 「20年前、10年前と比べ、年を気にする企業は減りました」。人材紹介を専門に27年間にわたって求人情報を見てきたゼネラルパートナーズ社の副社長、岡井敏さんは実感を込め、こう語る。「特に派遣社員の場合、20年前、募集するのは30代前半まででしたが、今は40代、50代が普通にいます。若さより即戦力を求める企業が増え、転職の限界年齢と言われた35歳の壁はかなり崩れた感じがします」

 そう言われても、すとんと納得できない。「いくらエントリーシートを送っても不採用のメールしか来ない。…

この記事は有料記事です。

残り2505文字(全文2893文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです