メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郁文堂書店

文豪たちが愛した書店、運営協力者に本棚開放 東北芸術工科大生、交流スペース提供 自由な空間目指す /山形

郁文堂書店の店内。トークイベントに盛り上がった=山形市七日町2で

 斎藤茂吉などの文豪が愛した「郁文堂書店」(山形市七日町)で、4月の再出発を担った東北芸術工科大の学生たちが31日、新たな交流スペースをオープンさせた。運営協力してくれた人に本棚を開放し、お薦めの一冊を展示してもらう仕組み。本好きが気ままに本談議を繰り広げる、自由な空間の再現を目指している。【二村祐士朗】

 店内奥にある6畳の談話コーナー。壁沿いに計36個の木箱(40センチ四方)を使い、9列の本棚が設置された。書籍は100冊以上を収納可能となっている。訪れた人は談話コーナーに座り、展示された本を自由に読むことができる。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです