メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO診療所

いわきに お母さんの不安に寄り添う きょう開業 甲状腺、内部被ばく検査も /福島

甲状腺の超音波検査装置を手にする院長の藤田操さん=いわき市小名浜花畑町の「たらちねクリニック」で

 東京電力福島第1原発事故後、食品の放射能測定などに取り組んできたNPO法人「いわき放射能市民測定室たらちね」が、いわき市小名浜花畑町に診療所「たらちねクリニック」を開き、1日から診療を始める。医師や専門機器の確保が必要な医療施設をNPOが開設するのは珍しい。放射能への不安や疑問から活動を発展させてきた母親たちに共感し、院長に就任した藤田操さん(55)は「お母さんたちが抱える心配事に正面から応えたい」と話す。【乾達】

 クリニックは、震災後に平田村の病院で勤務し、沖縄の診療所に移っていた内科医の藤田さんを常勤医に迎え、小児科と小児精神科の非常勤医師2人も診療に当たる。「放射能の危険があるかもしれない」と考える患者の視点に寄り添ってアドバイスをするという。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです