メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・高浜原発

4号機再稼働 技術者が語る、原発の問題 緊急講演会開く 大津 /滋賀

参加者からの質問に答える(右から)後藤政志さん、筒井哲郎さん、守田敏也さん。左端は主催者の西村静恵さん=大津市で、太田裕之撮影

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)の再稼働を受けた緊急講演会が5月18日、大津市で開かれた。東芝で原子炉格納容器設計を担当した後藤政志さん(67)と、千代田化工建設などでプラントの設計・建設に携わった筒井哲郎さん(76)が技術者の立場から原発の根源的な危険性を説明。東京電力福島第1原発の事故処理の問題も指摘され、約25人の参加者が技術者と市民が連携して声を上げることの必要性を共有した。【太田裕之】

 東芝は福島第1など沸騰水型を手がけたが、加圧水型の最新技術を持ち米原子力プラント大手だったウェスチングハウス(WH)を2006年に買収。予想価格の2倍の約6600億円を投じたが、WHの巨額損失をかぶり危機に陥った。

 東芝について1989年に中途入社した後藤さんは「原発は国内で飽和状態なので海外に出ようとした。世界では7割方が加圧水型だった」と背景を説明し、WHの損失を見通せなかったことについて「海外の感覚が分かっていなかった甘さ、経験のなさだ」と指摘。2001年の米同時多発テロで安全規制が厳しくなった上に福島の事故が加わり、世界の原発産業全体が逆風を受けたことを挙げ、「福島の事故のインパクト、世界がどう動い…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文2147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです