メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

2代目聴導犬へ日々訓練 秋デビュー目指し、3歳アーミ /大阪

 障害児支援を担うNPO法人代表で、生まれつき耳が不自由な安藤美紀さん(48)=東大阪市=が、ラブラドルレトリバーのアーミ(3歳、雌)と聴導犬の認定に向けた共同訓練に取り組んでいる。2009年から一緒に暮らす聴導犬で雑種のレオン(雄、9歳)が高齢で引退が近いため、アーミは2代目の聴導犬として安藤さんに寄り添う。訓練が順調に進めば、秋までにデビューする予定だ。【金志尚】

 ピピピピ、ピピピ。スマートフォンからアラーム音が鳴ると、アーミはスマホに近づいていった。音の発信源を確認すると、今度は離れた場所に座っていた安藤さんの元へ。安藤さんの体を鼻で触れると、再びスマホの方に戻った。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです