メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

近畿学生野球リーグを初制覇した和歌山大の2年生エース 貴志弘顕さん /和歌山

初の全国大会に向け投球練習に熱がこもる、和歌山大2年生エースの貴志弘顕さん=和歌山大で、矢倉健次撮影

選手権「頭」使い挑戦 貴志弘顕さん(20)

 チームとして初出場の全日本大学野球選手権大会の初戦(2回戦)を7日に控え、気持ちは高まる。舞台は学生野球選手あこがれの東京・神宮球場。対戦相手は、優勝4回の近畿大と岡山商科大との勝者で、先発のマウンドに登る可能性が高い。出場27校中、唯一の国立大として、全国から集まる強豪私学とは激戦が予想される。「頭を使った野球をすれば通用するはず。自分たちは挑戦者だ」と意気込む。

 近畿学生野球連盟の春季リーグ戦で、15連覇中だった奈良学園大の優勝を阻んで1950年のリーグ加盟以…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです