メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館寄贈資料から “あの日”共にしたシャツ、ズボン 兄被爆後、焼けただれ帰宅 /広島

玄道良昭さんが着ていたシャツ。ところどころが切り取られている=広島市中区の原爆資料館で、山田尚弘撮影

死去後、母 仏壇に納め

 1945年の8月6日の午前8時過ぎ、現中区にある本川の土手には、県立広島第二中学校の1年生320人以上が集まっていた。現在の原爆資料館の西側にあたる場所だ。

 その中に、当時の六学級、玄道良昭さん(当時12歳)の姿もあった。当時3歳だった妹に加え、前年9月には弟の良浩さん(72)が生まれたばかり。家庭はにぎやかさを増していた。

 良浩さんによると、良昭さんは県内トップクラスの県立広島第一中学校に進学できる学力があったが、母マス…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1159文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです