メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/8 「明治150年」保守取り込み 首相、総裁3期目の目玉 改憲推進の支えに

 「明治150年を機にぜひプロジェクトをやりたいですね」。2015年12月18日、首相官邸で開いた有識者会議「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」の会合で、安倍晋三首相は座長で親交の深い俳優の津川雅彦氏らを前に「明治150年」に言及していた。

 来年が明治維新から150年の節目に当たるのを受け、菅義偉官房長官は昨年10月の閣僚懇談会で、明治150年の関連施策を準備するよう指示。内閣官房に推進室が設置された。一見唐突な指示だったが、幕末に多くの志士を輩出したかつての長州・山口県出身の首相はかねて強いこだわりを持っていたようだ。

 式典が想定されている18年10月は、首相が3期目を目指す自民党総裁選の直後となる。19年夏には参院選が控える。首相周辺は明治150年に首相が熱意を燃やす理由を「総裁3期目をやり遂げる仕掛けの一つだから」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文2001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです