メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/8 「明治150年」保守取り込み 首相、総裁3期目の目玉 改憲推進の支えに

 「明治150年を機にぜひプロジェクトをやりたいですね」。2015年12月18日、首相官邸で開いた有識者会議「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」の会合で、安倍晋三首相は座長で親交の深い俳優の津川雅彦氏らを前に「明治150年」に言及していた。

 来年が明治維新から150年の節目に当たるのを受け、菅義偉官房長官は昨年10月の閣僚懇談会で、明治150年の関連施策を準備するよう指示。内閣官房に推進室が設置された。一見唐突な指示だったが、幕末に多くの志士を輩出したかつての長州・山口県出身の首相はかねて強いこだわりを持っていたようだ。

 式典が想定されている18年10月は、首相が3期目を目指す自民党総裁選の直後となる。19年夏には参院…

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文2001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです