連載

メディアの戦後史

第二次大戦の反省からスタートした戦後メディアを巡って、これまでに起きた出来事を毎日新聞の報道を中心に振り返り、メディアの役割を再確認していきます。

連載一覧

メディアの戦後史

共産党員逮捕の菅生事件 警察の不正暴いた取材合戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅生事件の疑問点を報じた毎日新聞1957年3月13日朝刊紙面(東京本社最終版)
菅生事件の疑問点を報じた毎日新聞1957年3月13日朝刊紙面(東京本社最終版)

 九州ののどかな山あいの村に未明、爆音が響いた。1952年6月2日午前0時過ぎ、大分県菅生(すごう)村(現竹田市菅生)の駐在所でダイナマイト入りのビール瓶が爆発した。けが人はなかったが、なぜか警察が爆発前から駐在所を囲んで待機していた。近くにいた男性2人を含め共産党員5人を即日、爆発物取締罰則違反などの容疑で逮捕した。後に菅生事件として知られる事件だ。

 共産党員らを公職追放するレッドパージから2年後のこの年、札幌市で警官が殺害された白鳥事件や、戦後の学生運動で初の死者を出したメーデー事件が発生。警察は共産党活動との関連を捜査していた。そのさなかだった。

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1486文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集