メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「加計」巡る文書

官僚「レク資料」なら「公開対象の公文書」 専門家ら指摘

記者会見で加計学園に関する一部報道について答える菅義偉官房長官=首相官邸で5月17日、川田雅浩撮影

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の国家戦略特区での獣医学部新設計画について、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」と言われたなどと記録された文書の存在が焦点になっている。菅義偉官房長官は「怪文書みたいな文書」と述べたが、当時の文科省の事務方トップだった前川喜平・前事務次官は「確実に存在していた」と主張し、部下から報告を受けた際の「レク資料」だと説明した。専門家は保存・公開の対象の「行政文書(公文書)」にあたると指摘し、政府の対応を批判している。【大場弘行、青島顕】

 「作成日時や作成部局が明確になっていない。通常、役所の文書にはそういう文書はないと思う。誰が書いたか分からない。そんな意味不明なものについて、いちいち政府が答えることじゃない」「怪文書みたいな文書だ。出所も明確になっていない」。菅官房長官は5月17日の記者会見で、文書は非公式なものだと印象付けるかのように語った。

 文書はA4判。「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」との題がついている。作成者名や日付がなく、丸印付きの箇条書きで6項目の要点が記されている。最初の項目に「設置の時期については、今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」とあり、別の項目には「平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり」と…

この記事は有料記事です。

残り2010文字(全文2606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです