メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

高安晃さん=大相撲の大関に昇進した

高安晃(たかやす・あきら)さん(27)

 大関昇進を伝える使者を待つ間は表情一つ変えなかった。まさに「正々堂々」の口上を体現した。伝達式を終えコップの水を一気に飲み干すと、「あー、緊張した」。

 中学卒業とともに角界入りした「たたき上げ」で、兄弟子の横綱・稀勢の里と同様、昔かたぎの「お相撲さん」の印象が強い。取組後の支度部屋で多くを語らず、負ければ口を真一文字に結ぶ。だが父栄二さん(66)は「集中力がなく『楽しいことだけやりたい』という子どもだった」と幼少期を振り返る。

 社会に飛び込んだ意識が薄かった現代っ子は2005年春場所で初土俵を踏み、その後番付は一進一退。ちょ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです