メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

きょう就職面接解禁 大企業、依然「狭き門」 すでに内々定、囲い込みも

就職活動中の女子学生のスケジュール帳。6月21日に4月に内々定を得た企業の懇談会があるが、6月1日以降に「本命」の企業の選考に臨む=横浜市西区で30日

 経団連に加盟する企業の採用選考が1日に解禁され、来春卒の大学生の就職活動が大詰めを迎える。今年は人手不足を背景に企業の採用意欲が高く、学生が優位の売り手市場になるとみられている。しかし、これから採用選考を本格化させる大企業は大学生の人気が高く、志望者数が求人数を大幅に上回る。例年どおりの「狭き門」になりそうだ。(3面に質問なるほドリ)

 横浜市立大4年の女子学生(22)は4月、経団連に加盟していないIT企業の内々定を二つ得たが、通信、金融、メディアの30社にもエントリーしている。大学のキャリアセンターは「昨年を超える売り手市場」と強調しており、「本命」の大企業が採用選考を解禁する1日を前に内々定を得られたことに、「周りに後れをとらず、ホッとした」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです