メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

出産目的、子宮移植に論議 慶大、倫理委に臨床研究申請目指す

 病気などで子宮がない女性に、第三者から移植して妊娠・出産につなげる「子宮移植」の臨床研究に向け、慶応大のチームが年内にも学内の倫理委員会に計画の申請を目指している。世界でも広がりつつある子宮移植の今を、技術と倫理の両面から探った。【千葉紀和、渡辺諒】

 ●海外で5人が出産

 「子宮移植は技術的には可能」。今年4月、広島市で開かれた日本産科婦人科学会(日産婦)の学術講演会で、慶応大の木須(きす)伊織(いおり)・特任助教(婦人科腫瘍)はこう力説した。

 移植による妊娠までの流れはこうだ。女性から卵子を採取し、体外受精させて凍結保存した後、第三者から提供された子宮を女性に移植。1年近く免疫抑制剤を投与して子宮が拒絶されずに機能することを確認し、受精卵を戻す。

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです