連載

読んであげて

子どもたちに向けた童話です。大人が読み聞かせ、お互いの心を通わせましょう。

連載一覧

読んであげて

痛快!ペットボトルくん/1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
痛快! ペットボトルくん 1
痛快! ペットボトルくん 1

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん)と絵(え) 陣崎草子(じんさき・そうこ)

 おや? と、ある日(ひ)の夕(ゆう)方(がた)、青(あお)葉(ば)青(あお)太(た)くんは、勉(べん)強(きょう)机(づくえ)の前(まえ)に立(た)って首(くび)をかしげていました。

 青(あお)太(た)くんの勉(べん)強(きょう)机(づくえ)の上(うえ)には、ラベルをはがしてある空(から)のペットボトルがおいてあるのですが、そのペットボトルを見(み)ていると、(なんだか、目(め)があるような)と、思(おも)えてきたのです。

 もちろん、ペットボトルはふつうのペットボトルで、ちょっと古(ふる)いのか、ところどころへこんではいますが、透(とう)明(めい)なボディーで、どこにも目(め)なんかついていません。それでも、

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1341文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集