メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長時間労働は氷山の一角 協定違反が横行

医師の長時間労働が問題となった新潟市民病院=新潟市中央区で2017年5月31日、柳沢亮撮影

研修医過労自殺 労災認定

 過労自殺した研修医の長時間労働は氷山の一角--。新潟労働基準監督署に31日労災認定された木元文(あや)さんが勤務していた新潟市民病院(新潟市中央区)で、労使協定を無視した残業が常態化していたことが毎日新聞の情報公開請求で明らかになった。同病院は協定違反を認めたうえで「急性期病院のため救急患者を受け入れざるを得ない」と釈明。事態改善は難しいとの見解を示している。【柳沢亮】

 毎日新聞が入手したのは、木元さんが亡くなった2015年度に在籍していた後期研修医27人の残業自己申告記録。200時間を超える残業月があったのは1人▽150時間超は3人▽100時間超は9人▽80時間超は7人▽80時間以内は7人--だった。

 同病院には当時残業時間を月80時間以内とする労使協定があったが、後期研修医の7割以上に当たる20人が協定違反の長時間労働をしていたことになる。

 また管理職を除く同年度の全職員136人のうち、半数以上の63人に80時間を超える残業月があった。特に臨時職員の1人は11カ月連続で月の残業が100時間を超え、年間の残業は1523時間に達していた。

 厚労省が過労死リスクが高まると位置づける「過労死ライン」は月80時間。過労死の認定は基本的に、死亡に起因する精神疾患発症などを発症する1カ月前に100時間か、2~6カ月前の平均で80時間を超える残業があれば認定される。

 同病院は09年度、労使協定の上限を超える残業があったとして同監督署から是正勧告を受けている。

 同病院はこうした実態を踏まえ、17年度の労使協定改定で医師と歯科医師の残業上限を緩和。年6カ月以内の範囲で月100時間以内まで残業を認めるなどとした。同病院は「協定を守れる範囲にした」と説明している。

 ただ、上限緩和は過労対策の趣旨に反する。同病院の担当者は、高齢化で仕事量も増える可能性があるとして「中核病院としての使命と、労働時間の問題との間で葛藤がある」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  2. 東急 三軒茶屋駅で停電 田園都市線など一時運転見合わせ
  3. 日産 国内全工場で出荷停止 無資格検査で
  4. 水戸・遺体 不明男性「殴った」肋骨数本折れる
  5. 名大病院 がん兆候、情報共有されず 50代の男性が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]