メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

認定3件 大阪市がサイト投稿者名を公表

=iStock

 大阪市は1日、特定の民族や人権への差別をあおるヘイトスピーチの抑止を目的とした全国唯一の条例に基づき、市内でのデモ行為と街頭宣伝の様子を動画サイトに投稿した行為をヘイトスピーチと認定した3件について、サイト上の通称である投稿者名をホームページで公表した。投稿者の実名は確認できていないが、氏名や名称に準ずるものとして、有識者でつくる審査会の判断を踏まえて公表を決めた。

 3件は審査会が3月末、ヘイトスピーチに該当すると初めて判断した。ホームページでは、動画で確認できた発言の内容も掲載。市は「内容は不適切なもの」と断った上で、市民に周知することでヘイトスピーチの問題への理解促進を図るなどの趣旨を説明している。3件は既にサイトから削除されている。

 また市は、動画投稿サイトに投稿された1件をヘイトスピーチに新たに認定し、サイト運営会社に動画の削除を要請した。【岡崎大輔】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
  3. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  4. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  5. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]