メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

籠池氏OK、前川氏NO 一貫しない与党のなぜ

【左】前川喜平氏【右】籠池泰典氏

政治評論家から「与党のご都合主義だ」の批判も

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設問題で、安倍政権が存在を否定する「総理のご意向」と記した文書を「あったことをなかったことにはできない」と証言した文部科学省前事務次官の前川喜平氏。与党は前川氏の証人喚問を拒否しており、籠池泰典前理事長を喚問した「森友学園」問題とは一貫しない対応だ。一体どういうことなのか。

 「(首相官邸の)圧力はない。関係省庁の合意を得て政府全体として適切に判断した」。菅義偉官房長官は31日の参院本会議でこう述べ、前川氏の喚問は「国会で決めることだ」とかわした。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです