連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

籠池氏OK、前川氏NO 一貫しない与党のなぜ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【左】前川喜平氏【右】籠池泰典氏
【左】前川喜平氏【右】籠池泰典氏

政治評論家から「与党のご都合主義だ」の批判も

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設問題で、安倍政権が存在を否定する「総理のご意向」と記した文書を「あったことをなかったことにはできない」と証言した文部科学省前事務次官の前川喜平氏。与党は前川氏の証人喚問を拒否しており、籠池泰典前理事長を喚問した「森友学園」問題とは一貫しない対応だ。一体どういうことなのか。

 「(首相官邸の)圧力はない。関係省庁の合意を得て政府全体として適切に判断した」。菅義偉官房長官は31日の参院本会議でこう述べ、前川氏の喚問は「国会で決めることだ」とかわした。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1096文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集