メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ヘイトスピーチ

3政令市が条例制定を検討 抑止目的に

在日コリアンらへの憎悪をあおるデモ隊に向けて掲げられた「ヘイトスピーチ、許さない。」と書かれたプラカード=川崎市で2016年1月31日、後藤由耶撮影

毎日新聞の調査

 特定の民族や人種への差別的言動を街頭などで繰り返す「ヘイトスピーチ」の抑止を目的に、川崎、名古屋、神戸の3政令市が条例の制定を検討していることが毎日新聞の調査で分かった。昨年6月3日施行のヘイトスピーチ対策法は、各自治体に抑止に向けた努力を促しているが、条例があるのは昨年7月に完全施行した大阪市だけで、大半の自治体では条例や新たな制度づくりの動きはない。専門家は国主導で実効性のある対策を進めるべきだと指摘している。

 対策法施行1年に合わせて5月下旬、47都道府県と20政令市にアンケート調査した。

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1764文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです