メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
「暮らせるだけのお金があればいい。あとは楽しく明るく仕事ができれば、もう十分」=東京都練馬区で2017年5月19日、根岸基弘撮影

人のありがたみを、病が教えてくれた

 「人生は夕方から楽しくなる」なんて、少しお気楽に過ぎたのではないか。取材を申し込んでおきながら、勝手にそう身構えていた。

 全身の筋力が衰えていく難病・筋ジストロフィーを発症して今年で30年である。常に迫り来る死を意識し、生きてきた人なのだ。

 「いやいや。この病気になっていなかったら演歌歌手になろうだなんて思わなかったから。車椅子生活になってみんな優しくしてくれて、人のありがたみっつうのかな、それがよく分かるようになったね」

 津軽なまりのイントネーションを聞いていると、不思議にこちらの心も緩む。来年はプロデビュー20年。今…

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1825文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです