メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 補強型天然芝を導入へ 強度向上、維持費は減 /岩手

旧国立競技場の座席を背負い、野田武則・釜石市長(右)らに迎えられ両手を上げてゴール地点に到着した高橋敏彦・北上市長(中央)ら=釜石市鈴子町のシープラザ釜石で

 釜石市は5月30日、2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)会場「釜石鵜住居復興スタジアム」(仮称)のグラウンドに、日本初の補強型天然芝(ハイブリッド芝生)を導入する方針を明らかにした。この日開かれた同スタジアム建設検討委員会(小泉嘉明委員長)で了承され、6月議会に提案する。

 市が導入する補強型天然芝は、土に繊維(エアファイバー)を混ぜてクッション性を高め、そこに芝の根を絡ませる。昨冬から試験栽培をしたところ、従来の芝生グラウンドに比べて強度のほか、選手の…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです