メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

北九州市漫画ミュージアム 「クールジャパン」を発信 /福岡

館内で定期開催され、デジタル作画にも挑戦できる「漫画体験」

 北九州市小倉北区のJR小倉駅新幹線口のすぐ近くに、漫画やアニメ、アイドルなどのポップカルチャーをテーマにした複合商業施設「あるあるCity(シティ)」がある。ひときわ目を引く雰囲気の建物の中に2012年、市が整備したのが「北九州市漫画ミュージアム」。今年8月に開館5周年を迎え、若い世代を中心としたにぎわい作りに一役買っている。

 「銀河鉄道999」や「宇宙海賊キャプテンハーロック」などの代表作がある松本零士さんをはじめ、同市はわたせせいぞうさんや北条司さんら100人を超える漫画家を輩出してきた。市の漫画文化の発信拠点と位置付けられたのが同館。日本のポップカルチャーは海外からも注目を集め、年間約10万人の来館客にはアジアを中心とした海外の団体客も目立つようになってきた。同館は「イラストの感情表現に国境の壁はない」と手応えを…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです