メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/9 皇族の歌、世につれ変化 市井と互いに影響

 皇室の看板はさまざまな分野で力を発揮している。天皇杯などは授与された競技・団体の権威付けになるが、同時に国民に皇室をアピールする役割も果たす。

 和歌も皇室の影響を受けているものの一つだ。広く知られているのが、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」。天皇、皇后両陛下、皇族の歌と一般の応募から選ばれた歌が披露される。

 起源は遅くとも鎌倉時代中期とされる。1874(明治7)年からは皇族や側近などに加え、一般国民も参加…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2099文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです