メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/9 皇族の歌、世につれ変化 市井と互いに影響

 皇室の看板はさまざまな分野で力を発揮している。天皇杯などは授与された競技・団体の権威付けになるが、同時に国民に皇室をアピールする役割も果たす。

 和歌も皇室の影響を受けているものの一つだ。広く知られているのが、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」。天皇、皇后両陛下、皇族の歌と一般の応募から選ばれた歌が披露される。

 起源は遅くとも鎌倉時代中期とされる。1874(明治7)年からは皇族や側近などに加え、一般国民も参加…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2099文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]