メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

共産党大会まで半年 「核心」習氏、権威固め 軍事・外交、成果を強調

 5年に1度の中国共産党大会まで半年を切った。習近平総書記(国家主席)が党中央の「核心」として初めて仕切る党大会になる。最近の党大会とは異なり、官僚機構、大衆団体など多くの社会資源が党大会に向けて総動員されているのが特徴だ。秋の党大会は内外に「核心」を認知させる歴史的な大会になりそうだ。

 今年の中国は「歴史的イベント」が目白押しだ。習氏が力を入れる政策やゆかりの地と関わるものも多く、党大会に向けて習氏の権威を固めるのに一役買っている。

 「千年の大計であり、国家の大事だ」。4月1日、習氏がそう表現した一大プロジェクトが公表された。北京…

この記事は有料記事です。

残り2345文字(全文2614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです