メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命の重み

ペットを飼うということ 可哀そうな野良猫、減らしたい

 日本の家庭で飼育されている猫は約985万匹(ペットフード協会調べ)もいるが、飼い主のいない地域猫、いわゆる野良猫に目配りし、ボランティアで世話をする人たちがいる。その上で欠かせないのが、TNR(Trap=捕まえる▽Neuter=避妊去勢手術▽Return=元にいた場所に戻す)と呼ばれる活動だ。

 「大阪ねこの会」は猫の殺処分ゼロを目指し、2016年度から公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)と協働で「やるで! 大阪さくらねこTNRプロジェクト」を行っている。手術費用やワクチン代などは基金でまかなうため、地域猫を見守るボランティアらの金銭的負担は軽減される。

 手術済みの印としてカットされた耳先が桜の花びらのように見えることから、TNRされた地域猫は「さくらねこ」と呼ばれる。プロジェクトによって16年度は1891匹のさくらねこが誕生。今年度は2000匹を目標に掲げる。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです