メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「再交渉ない」条約事務局

 【ブリュッセル八田浩輔】米国のトランプ大統領が「パリ協定」を巡り、米側に有利な条件を引き出すための再交渉や新たな交渉を始める考えを表明したことを受け、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局は1日、「単一の国による要請に基づき再交渉することはできない」との声明を公表した。

     パリ協定の規定に従えば、トランプ政権は協定の発効(2016年11月)から4年間は離脱できない。親条約にあたるUNFCCCから脱退すれば1年程度での離脱は可能になるが、トランプ氏は演説で詳細な方針は説明しなかった。いずれの方法で離脱した場合でも再加盟は可能だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム 少年にファウルボール直撃 プロ野球試合中
    2. 自民・石破氏 国税庁の佐川長官を批判 就任会見行わず
    3. 米国 極右は「ピエロの集団」…バノン氏、非難受け弁明
    4. 夏の高校野球 仙台育英 九回2死「終わった」一転…
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 厳罰に処してほしい 高速道路の車間距離詰め走行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]