メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・陸奥湾

イルカ回遊シーズン到来 観光資源にも

勢いよく跳びはねるイルカ=青森・陸奥湾で、足立旬子撮影

 青森の陸奥湾にイルカが回遊する季節がやってきた。野生のイルカをひと目見ようと青森大の清川繁人教授(ゲノム解析)の生態調査に同行した。陸奥湾を航行する定期フェリーからはこれまでもイルカを見ることはできたが、地元住民や漁師以外にはあまり知られていなかった。そこにはイルカの楽園があった。【足立旬子】

 「いたぞ!」。先月下旬、外ケ浜町蟹田から漁船に乗り込んで約30分、早くもイルカの群れが見えた。3頭が船の真横でジャンプしたかと思うと、海に潜り、今度は前方で跳ねた。体長約2メートル。背びれの内側が白いカマイルカだ。次々と船の近くに現れ、まるで「遊ぼう」と誘っているかのようだ。

 約5キロ先に三角形をした青森市の県観光物産館アスパムが見える。「都市の近くでこんなに頻繁にイルカの群れがやって来るところは、世界でも珍しい」と清川教授。約3時間の調査で目撃したイルカは100頭近い。同船した同大1年の小井田舞菜さん(18)は「こんなに近くで見ることができるなんて」と感激していた。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  2. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  3. 玉城デニー沖縄県知事が入院 細菌性肺炎 PCR再検査の結果は29日ごろ判明

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです