メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和傘

梅雨入り前の空に「大輪」 大分・中津

天日干しされる和傘=大分県中津市で2017年5月27日、津村豊和撮影

 大分県中津市の和傘工房「朱夏(しゅか)」で、梅雨入り前の日差しを利用して和傘が広場いっぱいに天日干しされている。

 広場には、柄の長さ80センチ、広げた直径110センチほどのサイズを中心に、日傘や雨傘、祭り用などカラフルな和傘が所狭しと並べられている。和紙の表面にえごま油を塗って、10日~2週間ほど…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです