メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

大阪市、実名特定できず 投稿者名で公表

吉村洋文大阪市長=梅田麻衣子撮影

 大阪市は1日、特定の民族や人種への差別をあおるヘイトスピーチの抑止を目的とした全国唯一の条例に基づきヘイトスピーチと認定した動画3件について、サイト上の通称名である投稿者名をホームページ(HP)で公表した。条例ではヘイトスピーチと認定した行為者の氏名や団体名を公表できるが、個人情報保護や通信の秘密との兼ね合いで3件は実名を特定できず、有識者の審査会による答申を踏まえて投稿者名での公表を決めた。

 審査会は3月末、2013年に大阪市内であったデモ1件と街頭宣伝活動2件を撮った動画について、在日コリアンを侮蔑、中傷する発言が繰り返されている上、動画投稿サイトで不特定多数が視聴できる状態にした行為がヘイトスピーチに該当すると判断した。昨年7月の条例完全施行後、初めての認定だった。その後、市は3件の公表方法や拡散防止措置などを審査会に諮問していた。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです