クマ

専門家が鈴の効果に警鐘 音に耐性、警戒心薄れる?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋田県内で発見された親子とみられるクマ=東北地方環境事務所提供
秋田県内で発見された親子とみられるクマ=東北地方環境事務所提供

 クマに殺傷される事故が昨年相次いだ東北地方で、今年も人的被害が続発している。秋田県仙北市では5月下旬、被害を防ぐ定番とされてきた「クマよけ」用の鈴を身につけていた61歳の女性が襲われ、失血死した。専門家は、クマに音への耐性がついていたり、逆に音がクマをおびき寄せたりしている恐れを指摘する。「鈴やラジオなど人工的な音を出せばクマは寄ってこない」という常識は、通用しなくなりつつあるのか--。

 秋田県警によると、女性は5月27日早朝、タケノコ(ネマガリダケ)を採るため友人と入山。途中で別れた後、山懐を走る国道から約30メートル離れた樹林内でクマに襲われたらしい。女性には頭や顔、左腕などにひっかき傷やかまれた痕があった。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1088文字)

あわせて読みたい

ニュース特集