メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

稲田氏の上告棄却、敗訴確定 サンデー毎日記事

 「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と近い関係にあると報じたサンデー毎日の記事で名誉を傷つけられたとして、自民党の稲田朋美防衛相が発行元だった毎日新聞社に550万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は5月30日付で稲田氏の上告を棄却する決定を出した。請求を退けた1、2審判決が確定した。

     記事は2014年10月5日号に掲載。当時、自民党政調会長だった稲田氏の資金管理団体が10~12年に在特会の関係者8人から寄付を受けたとして「在特会との近い距離が際立つ」とした。

     1、2審判決は「記事は事実を踏まえた評価であり違法ではない」などと判断し、毎日新聞側の勝訴としていた。

     毎日新聞社社長室広報担当の話 当社の主張が認められた妥当な決定と考えます。【伊藤直孝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです