メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイガモ

ヒナ出荷最盛期「ボクらが安全な米作るヨ」

アイガモ農法で活躍するヒナの出荷ピーク。元気よく立つヒナ=大阪府松原市のツムラ本店で、小関勉撮影

 無農薬・減農薬で米を作る「アイガモ農法」で水田に放されるヒナの出荷が最盛期を迎え、河内鴨(がも)生産業者「ツムラ本店」(大阪府松原市)の孵化(ふか)場では、生まれたばかりの体長約10センチのヒナが元気いっぱいに動き回っている。

 同社では、7月までに約4500羽を全国の農家に出荷する。稲と稲の間を動…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  2. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  3. 玉城デニー沖縄県知事が入院 細菌性肺炎 PCR再検査の結果は29日ごろ判明

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです