連載

ウマ女十番勝負

「真希バオー」こと中嶋真希記者が全GⅠレースを予想。競馬の魅力を伝えます。

連載一覧

ウマ女十番勝負

(番外編)G1の調教を目の前で 安田記念ツアーに参加した

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スタンドから調教を見学。手前を走るあし毛の馬がレッドファルクス=2017年5月31日、中嶋真希撮影
スタンドから調教を見学。手前を走るあし毛の馬がレッドファルクス=2017年5月31日、中嶋真希撮影

 大好きな競走馬が、どんなトレーニングをしているのか見てみたい。そんな競馬ファンの願いに応えて、日本中央競馬会(JRA)がG1レース前の水曜日に調教を公開するツアーを実施している。調教と施設見学、厩舎(きゅうしゃ)訪問参加と豪華な内容で、参加は無料。倍率は10倍を超えることもあるという人気イベントだ。4日の安田記念を前に、5月31日に実施された安田記念調教見学ツアーに同行した。【中嶋真希】

 JRAの競走馬は、美浦(茨城県美浦村)と栗東(滋賀県栗東市)にあるトレーニング・センター(トレセン)に所属している。美浦トレセンでは、約100の厩舎で計約2000頭が調教の日々を過ごしている。今年の日本ダービーを勝ったレイデオロ、オークスを勝ったソウルスターリングは、美浦の藤沢厩舎所属だ。

この記事は有料記事です。

残り2311文字(全文2653文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集