メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

春なのに、集落1人きり

 人けのない山あいの集落で、川のせせらぎや虫の音が奇妙なほど大きく響く。細く曲がりくねった峠道の先にある宮城県七ケ宿(しちかしゅく)町の稲子(いなご)集落は今年、住民が1人になって初めての春を迎えた。ソメイヨシノは枝が折れたまま花を咲かせ、それを気にかける人の姿はない。かつて「足軽の里」として栄えた集落は、その歴史の幕を閉じようとしている。

 稲子集落は、仙台藩が1681年に藩境警備のため足軽10戸を住まわせたのが始まりとされる。その子孫の…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文999文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]