メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

春なのに、集落1人きり

 人けのない山あいの集落で、川のせせらぎや虫の音が奇妙なほど大きく響く。細く曲がりくねった峠道の先にある宮城県七ケ宿(しちかしゅく)町の稲子(いなご)集落は今年、住民が1人になって初めての春を迎えた。ソメイヨシノは枝が折れたまま花を咲かせ、それを気にかける人の姿はない。かつて「足軽の里」として栄えた集落は、その歴史の幕を閉じようとしている。

 稲子集落は、仙台藩が1681年に藩境警備のため足軽10戸を住まわせたのが始まりとされる。その子孫の住民たちは林業を主ななりわいに、1960年には最多の127人が暮らし、73年までは小学校の分校もあった。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです