メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

春なのに、集落1人きり

 人けのない山あいの集落で、川のせせらぎや虫の音が奇妙なほど大きく響く。細く曲がりくねった峠道の先にある宮城県七ケ宿(しちかしゅく)町の稲子(いなご)集落は今年、住民が1人になって初めての春を迎えた。ソメイヨシノは枝が折れたまま花を咲かせ、それを気にかける人の姿はない。かつて「足軽の里」として栄えた集落は、その歴史の幕を閉じようとしている。

 稲子集落は、仙台藩が1681年に藩境警備のため足軽10戸を住まわせたのが始まりとされる。その子孫の…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです