メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

春なのに、集落1人きり

 人けのない山あいの集落で、川のせせらぎや虫の音が奇妙なほど大きく響く。細く曲がりくねった峠道の先にある宮城県七ケ宿(しちかしゅく)町の稲子(いなご)集落は今年、住民が1人になって初めての春を迎えた。ソメイヨシノは枝が折れたまま花を咲かせ、それを気にかける人の姿はない。かつて「足軽の里」として栄えた集落は、その歴史の幕を閉じようとしている。

 稲子集落は、仙台藩が1681年に藩境警備のため足軽10戸を住まわせたのが始まりとされる。その子孫の…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです